発毛剤の種類と効果

発毛剤には内服薬と外服薬があります。
内服薬は男性ホルモンが原因で薄くなった毛や抜け毛を治療するのに使われる薬です。
プロペシアという内服薬がよく知られている薬です。

発毛剤
毛根部分にデヒドロテストステロンというホルモンが生成されてしまうことで毛が薄くなったり発毛を妨げてしまいます。
これを抑えるのが プロペシアという薬になります。
この薬は基本的に男性用の薬で使うには医師から処方してもらう必要があります。

売れ筋発毛剤のランキングはこちら
一般的に売られている発毛剤が外用薬という種類になります。
外用薬は頭皮に直接塗るタイプのものです。外用薬で有名なのがミノキシジルという成分が含まれた発毛材になります。
この成分は血管の拡張や血圧を下げる効果があります。
血管を拡張し、血行を良くすることで髪の毛に栄養を運んでくれる仕組みです。

また、ミノキシジルには薄毛や抜け毛の原因でもある男性ホルモンを抑えてくれるので発毛効果があると言われています。
この外用薬は手軽に買うことができるの が特徴です。
ですが、効果を得るまでには最低6ヶ月程度使い続ける必要があります。
きちんと理解した上で使うことが大切です。
発毛剤を選ぶときは自分に合ったものを選ぶこととすぐに効果を得られるものではないというのを理解して根気よく続けることが重要になります。


Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/2014nigun/www/wp18/wp-content/themes/lineday/library/underscores/template-tags.php on line 27
発毛剤,